IQの平均は?どうやって決まるの?


IQの平均は?

知能の測定は、心理学や教育の分野で長い間注目されてきたテーマであり、論争の的になっています。知能検査は、現在使用されている最も一般的な心理検査の一つです。最初のIQテストが登場して以来、IQを分類する試みが続いています。

平均的なIQスコアとその意味を理解するためにはまずIQがどのように測定されるかを理解することが不可欠です。テスト出版社によって採点方法は異なりますが、現代のIQテストの多くはスコアが正規分布曲線に沿うように平均スコアを100点、標準偏差を15点としています。

重要な検討事項

  • 多くのテストでは100点が平均的なIQとされています。
  • 68%のスコアが平均値の1標準偏差以内(つまり、85~115)に収まっています。つまり全体の70%近くの人が平均点からプラスマイナス15点以内に収まっていることになります。
  • 95%のスコアが標準偏差2以内(70~130)に収まっています。これらのポイントを超える異常値は、人口のごく一部に過ぎず、IQが非常に低い(70未満)または非常に高い(130以上)人はごく一部に過ぎないということになります。
  • 70以下のスコアは何らかの発達障害や学習障害の存在を表している場合があり、130以上のスコアは才能があることを表している場合があります。

The world's best IQ tester


Designed by a Mensa Authorized Person,

And IQ test supervisor.


That's why it's top quality.

Start